「CBDが初めて」の皆さまへ、CBDの選び方や活用方法などについて解説させていただきたいと思います。

CBDは当店のページ「CBDについて」と「CBDの安全性」で解説させて頂いておりますが、安全にご利用いただけます。

大麻に含まれる精神作用のある成分THCは日本人は意図的な利用は国内外において禁止されておりますが、CBDは幻覚作用も毒性も全く無く安全であり、問題無く利用することができます。

当店でご紹介しているCBD製品は輸入時に厳格な成分検査を受け、THCが含まれていない証明書や必要書類を提出し、正式に輸入許可を国から得た製品のみを扱っていますので、どうぞ安心して頂ければと思います。

どのCBD製品を選ぶべきか?

当店でご紹介するCBD製品は下記の4種類となり、それぞれ摂取方法が異なります。

  • CBDオイル
  • CBD Eリキッド
  • CBD Pen
  • CBD クリスタル

それぞれの特徴は下記の通りになりますので、あなたにとって最適なアイテムを選択していただければと思います。

CBDオイル

オイルタイプは最もCBDを摂取しやすいタイプです。基本的に舌下にオイルを落とし、そのまま60秒~90秒程置いた後に、飲み込みます。舌下に落とすことで、体内に吸収されていきます。

CBD感も濃度にもよりますがじわじわと広がっていきます。

また、後述するヴェポライザーによる吸引が苦手な方におすすめです。

どなたにも安心してご利用いただけます。オイルにはココナッツから抽出した中鎖脂肪酸のみのMCTオイルを利用しています。このMCTオイルがCBDが体内に吸収されるのをヘルプしてくれます。

念のため、ココナッツにアレルギーがある方はお控えください。

CBDオイルへ

CBD Eリキッド(電子タバコ)

ヴェポライザーという器具を使い専用の液体であるCBD Eリキッドを気化させて吸引する方法になります。いわゆる、電子タバコ方式になります。

気化させて直接肺にCBDを送り血流に吸収させるため、この方法が最もクイックにCBDを広がらせる方法になります。

ただし、煙が苦手な方、喫煙経験が無い方、肺が弱い方にはおすすめはできません。たばこのようにニコチンは入っていないので、独特なたばこ臭はしません。

専用のヴェポライザーが必要になります。Eリキッドをヴェポライザーに注入して利用しますが、何度も繰り返し利用できます。Eリキッドを注入する部品をアトマイザーと呼びますが、アトマイザーは消耗品になり、使用頻度にもよりますが1ヶ月~2か月で交換が必要になります。

ヴェポライザーなどの器具の扱いが好きな方にもおすすめです。

Eリキッドへ

CBD Pen iPrefer(使い捨て電子タバコ)

CBD Pen iPreferは使い捨てのヴェポライザー(電子タバコ)です。

上記ヴェポライザー同様、気化させて直接肺にCBDを送り血流に吸収させるため、が最もクイックにCBDを広がらせる方法になります。

ただし、煙が苦手な方、喫煙経験が無い方、肺が弱い方にはおすすめはできません。たばこのようにニコチンは入っていないので、独特なたばこ臭はしません。

専用のヴェポライザーが不要の使い捨てタイプで、Eリキッドも不要です。充電やスイッチのオン/オフもいりません。濃度は限定の15%となっています。

吸引量にもよりますが、約200回使用できます。

CBD PEN iPreferへ

CBD クリスタル

CBDクリスタルは最も純粋なCBDの結晶です。他の製品はCBD濃度が最大20%になりますが、クリスタルは純度99.6%です。

パウダー状になっていて、無味無臭です。

1日辺り0.1gを目安に摂取します。オイルのように舌下に入れたり、オイルに混ぜたり、ヴェポライザーにEリキッドと一緒に混ぜたり、食事に入れたりと様々な使用方法があります。

オリーブオイルやヘンプオイル、ココナッツオイルに混ぜてオリジナルのCBDオイルも作ることができます。

多種多様なスタイルでCBDを活用したい方におすすめです。

 

CBDクリスタルへ

摂取する容量と濃度、摂取回数について

初めてCBDを摂取する場合は、穏やかに少量からスタートすることをおすすめします。オイルでしたら、1滴から始めてください。EリキッドやCBD ペンも一息の吸引から始めてください。一度に大量ではなく、少量を長期的に利用することをおすすめします。

CBDに関する研究は様々行われていて、未だ分かっていない点もあります。どのような形で影響があるか個人差もありますので、無理をせずにゆったりと始めて頂ければと思います。

濃度も5%から20%(クリスタルは99%)までご用意があります。パーセンテージが上がる程、CBD感が強くなっていくイメージです。

濃度に関しても低いパーセンテージから始めるのもよいですし、高濃度を最初からトライされるのもよいですが、その場合は、少量から試してみることをおすすめします。よりCBD感を感じたい方は高濃度をおすすめします。

一日当たりの摂取回数は、個人差があります。濃度や容量によっては1日1回夜寝る前に摂取する方もいますし、低濃度を一日何度も摂取する方もいます。メーカーでは、1日2~3回(朝、昼、晩など)の摂取を推奨しております。

ご自身の体の声を聞きながら調整していくのがよいと思いますが、最初から一日に何回も摂取するのはどんな反応が出るか分からないので、まずは1日1回から試すのがよいかと思います。

ただ、特にメンタルトレーニングや自己探求をされている方へは、一つの目安として下記のイメージで活用してみてはいかがでしょうか。

●クリエイティブな仕事や表現をされている方

低濃度を作業前や作業中に数回摂取

●瞑想やヨガ、ヒーリングワーク等をされている方

高濃度を実践前に1回摂取

●意識的に夢を見る明晰夢やアストラルプロジェクション、意識の拡大体験を求めている方

高濃度を1日数回摂取

使用上のご注意

・オイル、リキッドはキャップをしたままよく振ってからご使用ください。

・フレーバーに天然成分が配合されているため変色することがありますが、品質には問題ありません。

・妊娠中または授乳中の方はCBD製品の使用はお控えください。

・病状がある場合や医薬品を服用する場合は、使用前に医師に相談してください。

・子供の手の届かないところに保管するようにしてください。

まとめ

CBDに関する研究は世界中で様々行われています。その作用には個人差がありますので、上記のガイドを参考にし、ご自身の体と相談して、健やかでクリエイティブなCBDライフをエンジョイしていただければと思います。

何かご不明な点などございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

ドルファイン

トミ