CBDはいつ利用するのがよいか?

よく「いつCBDを利用するのがよいか?」というご質問をいただきます。

 

CBDは、オイルで摂取するCBDオイル、気化させて摂取するCBDリキッドや、CBDペン、様々な用途に使えるパウダー状のCBDクリスタルがあります。

それぞれ、濃度や吸収率など異なりますが、基本的にいつ摂取しても問題はありません。

ただ、眠気が出る事があるので、運転中は避けるようにした方がよいと思います。あと、アルコールを摂取している時も避けるようにしてください。

 

摂取の時間はライフスタイルに合わせたり、体の声を聞きながら、自分のペースをつかんで頂くのがよいと思いますが、

下記をCBDの摂取のタイミングの参考にしてみていただければと思います。

 

1.空腹時

お腹が一杯だったり、体の機能が消化にエネルギーが多く使われていると、CBDの吸収率が下がると考えられます。

もちろん、そんな状態でも摂取は弊害にはなりませんが、吸収率を考えると空腹時がよいでしょう。

 

2.睡眠前

睡眠前の摂取をすることで、スムーズで健やかな休息タイムを期待できます。CBDは心身のリラックスのためのサポートツールとして様々な地域で活用されてきました。

健やかな夢見などにも期待できます。

 

3.瞑想やヨガの前

瞑想やヨガなど心身の融合やバランスを意図した実践前の摂取により、より深い体験を期待できます。

 

4.クリエイティブな活動時

モノづくり、音楽制作、イラスト、ライティングなど、創造力を必要とする実践前、もしくは最中の摂取で、リラックスして制作に取り組めることが期待できます。

制作前にオイルを一滴摂取したり、最中にヴェイプで気化して吸引しながらというのも一つの方法になります。

 

5.イライラや心配時

心身のバランスが崩れると、感情も揺さぶられます。悲観的になったり、心配したり、怒りが沸いてきたり。

CBDは、心身を健やかな状態へと導くサポートツールです。

 

 

上記はあくまでも参考にしていただいて、あなたらしいCBDライフを創造していただければと思います。